外部コールセンターを使用したインタラクティブ音声ブロードキャストのテスト

ICT Broadcastには、カスタマーサポートのためにICT Broadcastシステムで処理される番号に電話をかけることができるインバウンドキャンペーンなどの基本的なCall Center機能が含まれており、エージェントまたはICT Broadcast自体が顧客からのクエリに応答できます。 ICT Broadcastは、さらなるサポートのためにExternal Call Centerと連携するように統合することもできます。組み込みのインバウンドキャンペーンおよびインタラクティブキャンペーンには、コールセンターソリューションのすべての要素があります。

ここでは、ICT BroadcastとElastixを外部コールセンターとして統合する方法を説明します。以下がシナリオです。

「ICT Broadcastシステムにログインして、インタラクティブ音声キャンペーンを開始しました。このキャンペーンは、リスト内のすべての連絡先に1つずつ電話をかけます。 Elastixキューから、コールはElastixキューから登録されているIP電話/ソフトフォンのライブエージェントに転送されます。」

設定

1 ICT Broadcastで拡張機能を作成し、それを "admin"などのユーザーに割り当てます。



2。 Elastixの内線番号を受信トランクとして設定します。

host = ICTブロードキャストIPアドレス
username =拡張ユーザ名
secret =拡張パスワード
タイプ=ピア
安全でない=招待する

3。 Elastixに新しいキューを追加する

キュー名= any
キューシークレット= any

4。 Elastixで内線を作成し、それをソフトフォン/ IPフォンで登録してライブ通話を受信します。

表示名= any
username = any
パスワード= any

5。着信ルートを追加する

説明=任意
DID番号=空(または任意)
宛先を設定=登録された内線番号を選択

これらの手順を実行すると、ElastixとICT Broadcastを統合できるようになります。その後、ICT Broadcastを音声キャンペーンのブロードキャストに使用できます。その後、キー1を押す見込み顧客は、Elastixコールセンターモジュールに登録されているライブエージェントに転送されます。